年収720万円の48歳中年がお見合いパーティでうまくいかなかったワケ

年収720万円の48歳中年がお見合いパーティでうまくいかなかったワケ

神社を訪れたら必ず良縁を願い、縁結びのお守りも毎年授かってきていると小林さん。ただし、その効果は今のところないようだ

コロナ禍が長引き、中年の独身者のなかには、孤独に苛まれている人も少なくない。その結果、“結婚”を意識し始めた人が増加している。

 しかしながら、平成30年版厚生労働白書によれば、「50歳時の未婚割合の推移」は年々上昇。中年婚活には厳しい現実もあるだろう。そんななか、中年で独身だからといって誰もが結婚という形にこだわっているわけではない。

「欲しいのは結婚相手よりも“パートナー”」という人も多く、大手鉄道会社に勤める小林広樹さん(仮名・48歳)もそんな一人だ。アラフィフでお見合いパーティやマッチングアプリを利用してみた結果は……!?

◆結婚相手ではなく、老後を過ごせる伴侶が欲しい

「30すぎで一度結婚しましたが、生活のすれ違いなどから3年で離婚。別れた後は気ままなシングルライフを楽しんでいましたけど、40代になって遊び仲間だった友人2人が相次いで結婚。コロナ禍で人との接触が極端に減ったのも大きかったです。年齢的なせいか老後への不安もあり、再婚まではいかないにしても、パートナーが欲しいと思うようになりました」

 そこで出会いを求め、これまで興味を示さなかったお見合いパーティに参加。小林さんの年収は720万円程度と、大企業の平均並みにはあり、筋トレやジョギングもしているので中年太りとも無縁。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)