「出張シェフ」として脱サラした29歳、半年で最高月収60万円に

「出張シェフ」として脱サラした29歳、半年で最高月収60万円に

フリーランスの出張シェフとして活躍する福士将太さん(29歳)

フードデリバリー配達員を筆頭にしたギグワーク(単発の仕事)のほか、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトの普及により、副業の選択肢が増えている。また、専門的な知識を持っていれば、タイムチケットやココナラのようなスキルシェアサービスを使い、時間の切り売りで稼ぐのも手段のひとつだ。

 コロナ禍で副業への関心がより一層高まっているなか、「出張シェフ」という新たな働き方を実践し、収入を着実に増やしているのが福士将太さん(29歳)だ。

 フリーランスの料理人として脱サラし、今年4月から出張シェフ1本で生活しているという。ここまでの最高月収は60万円、そんな出張シェフのやりがいや懐事情について本人に聞いた。

◆イタリアへの料理留学で本場の雰囲気を体感

 福士さんが料理に関心を持つようになったのは、アルバイト先でキッチンの仕事と出会ったときだったという。

「最初はファミリーレストランでキッチンの仕事だったので、単純作業を中心にこなしていたのですが、そこから少しずつ料理人になろうと考えるようになりました。本格的なレストランで働こうと思い、吉祥寺にあるイタリアンレストランに未経験で飛び込みました」

 しかし未経験ゆえ、料理人として本来の仕事である調理はなかなか任せてもらえず、雑用ばかりやらされていたそうだ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)