「出張シェフ」として脱サラした29歳、半年で最高月収60万円に

また、収入アップもあまり見込めないと思っていたので、今の仕事をやりながら副業を探すようになったんです。色々と調べていくなかで『出張シェフ』というワードにたどり着き、とりあえず登録するところから始めました」

◆登録2ヶ月で軌道に乗り、半年足らずでフリーランスへ

 最初に登録したホームパーティー向けの出張料理サービスでは、主にハレの日の需要が多く、定期的な仕事には結びつかなかったという。

 そこで、知人に教えてもらったのが出張シェフサービスの「シェアダイン」だった。

「2020年の11月からシェアダインを始めました。実はこの頃から、フリーランスを目指すために就業先の勤務形態をアルバイトへと変更し、20日ほどの出勤に抑えたんです。残りの時間は全て副業へ充てられるよう、シェアダインでは率先して、自分から仕事を取りにいきました。まずはどのくらい稼げるか試したかったんですよ」

 シェアダインにはフリープラン(シェフを指名しない)の予約があり、シェフが立候補できる仕事がある。

 福士さんはまずフリープラン中心に、出張シェフとして一歩ずつ現場経験を積んでいったのだ。

 幸いにも、利用者がつけるレビューは5段階評価の満点になることが多く、次第に出張シェフとして指名が入ることも増えていったそう。

関連記事(外部サイト)