コロナ禍で「ぽっちゃり体型」需要が急増中…不景気こそデブが求められる理由

コロナ禍で「ぽっちゃり体型」需要が急増中…不景気こそデブが求められる理由

コロナ禍で"肥満"需要急増か



 完全にノーマークだった自分としては目からウロコ状態。全国のデブ代表として恥ずかしい限りです……。

◆魅力溢れるポッチャリ体型

 そもそも、ポッチャリ体型の一番のセールスポイントは、ぬいぐるみのような丸い体型に優しそうな笑顔やおおらかな表情。いざというときには守ってくれそうな大きいカラダは、まさに「気は優しくて力持ち」というイメージです。

 また、そのほかにも一緒に歩くと女性がより細く見える、おいしそうに食べるところを見ていると、楽しくなってくるし、気兼ねなく自分もお腹いっぱい食べられる、お腹を触ると柔らかくて気持ちいい……とたくさんあります。

「人間癒やし製造マシーン」とでもいえばよいでしょうか。ある意味、素晴らしい才能を持っていると私は思っています。

◆ストレスフルな現代に求められる存在

 世の中は平成から続く不景気に加え、いつ終息するともわからないコロナウイルスが猛威をふるい、蔓延防止措置、緊急事態宣言が続き、国民はそのストレスを癒す場も断ち切られ、精神的にも肉体的にも限界を感じていると言っても過言ではないでしょう。

 その中で私たちデブは、人に楽しさ、リラックス、思いやりなどの癒やしを与える存在になれると私は思っています。

関連記事(外部サイト)