映画主演のリリー・フランキー、俳優業20年でも「職業プロとしてやってない」

映画主演のリリー・フランキー、俳優業20年でも「職業プロとしてやってない」

映画で主演を務めるリリー・フランキー(57)

今やイラストレーター業のみならず、文筆家、MCなどさまざまな顔を持ち、『凶悪』『万引き家族』など、俳優としても高い評価を得ているリリー・フランキー(57)。現在、カレーとラジオをきっかけに家族との絆を紡いでいく、ひとりの男の物語を描いた短編主演映画『その日、カレーライスができるまで』が全国順次公開中だ。

 俳優の斉藤工が、本名であり監督(『blank13』共同監督作『ゾッキ』ほか)を務める際の名義である齊藤工として企画とプロデュースを担当し、『CUBE 一度入ったら、最後』などの清水康彦が監督と脚本などを手掛けた、ほぼ一人芝居で展開する本作への出演についてうかがうとともに、早20年を数える俳優業について聞いた。

 さらに、さまざまな仕事への取り組み方を深堀りしていくと、「本当はぬるく生きたいのに、あくせく働いちゃってる」と言いながら、「常に新人であるほうが新鮮でいい」「出来上がったツラしたオヤジになっちゃったら、誰も新しいことに声をかけてくれない」と、ジャンルレスに活躍するリリーの芯が垣間見られた。

◆齊藤工とは本作についての話は特になし

――企画・プロデューサーの齊藤工さんからは、どのようなオファーがあったのですか?

リリー・フランキー(以下、リリー):工くんとは、今回のオファーがあってしばらくの時期は、別の仕事で何度も会ってたんですけど、この作品の具体的な話はしなかったですね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)