占い師・Love Me Doの「風の時代」12星座占い 2021年度下半期の運勢は?

占い師・Love Me Doの「風の時代」12星座占い 2021年度下半期の運勢は?

Love Me Do氏

◆運気をバカにする男は成功しない、苦境をどうサバイブすべきか

 カレンダーに記される大安、仏滅などの「六曜」に、春分、冬至などの「暦注」。“運勢”をみる行いは日本人にも馴染み深いが、惑星と星座の関係性から未来を予測する“占星術”も的中率は高い。コロナ禍の到来を言い当てたことでテレビにも引っ張りだこの占い師・Love Me Do氏は、まず今年の上半期をどうみたのか?

「20年に一度の周期で訪れる、木星と土星が同一線で重なるグレート・コンジャンクションが、昨年12月22日に水瓶座の方角で生じました。これを機に古い習慣を捨て去ることを意味する“風の時代”に突入しました。『ウイルス』『ネットワーク』を意味する水瓶座が、発展の性質を持つ木星の力に後押しされ、コロナ感染は深刻になる一方ですが、リモートは思ったほど定着しなかった。“風”はウイルスのほうに強く共鳴したようです」

 では、下半期の社会はどうなるか。月ごとに予言してもらった。

「9月下旬に、社会を表す土星と、“攻撃性”の性質を帯びる火星が120度を形成します。その結果、薬物逮捕者や自殺者の急増など、社会の闇が炙り出されます」

 続く10月は、戊(つちのえ)戌(いぬ)の月。「戌」に「さんずい」と「火」を加えると「滅」という漢字になるという。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)