ひろゆきが抱く違和感「親の重要性、過大評価しすぎ」

ひろゆきが抱く違和感「親の重要性、過大評価しすぎ」

ひろゆきが抱く違和感「親の重要性、過大評価しすぎ」の画像

―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]―

「親ガチャ」「学歴」「いじめ」ー−繊細な問題もストレートな発言が話題になる、日本屈指のインフルエンサーであるひろゆき氏。著書『僕が親ならこう育てるね』では、子育て&教育問題について、ひろゆき的思考で論じている。では、ひろゆき的思考はいかにして育まれたのか。今回は、ひろゆきの子ども時代の話を聞いた。

◆そもそも僕も親が、そんなに重要ではなかった

――ひろゆきさんの教育&子育て論の根幹を知るうえで、少し子ども時代の話を聞かせてください。放任主義だったというのを聞きました。

ひろゆき:僕は自分が大事だと思われていないなあ、と思うくらい放任主義でした。でも、だからって親のことが嫌いだったわけじゃなくて、そもそも僕も親が、そんなに重要ではなかったというのがあったりします。

――「親が重要でない」は衝撃的ですね。

ひろゆき:住む場所を提供してくれるという意味では重要なんですが、いつか親元は出ていくものですし、出て行った後も家族仲良く団欒とかに憧れたり、懐がったりしないだろうなと思っていましたね。

 小学校のときに友達みんなと仲が良くても、卒業して別の学校に行ったらほぼ連絡取らないじゃないですか。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)