東欧で人気の日本食のお味は?寿司に生肉、天ぷらに山椒、餃子はポーランド風etc.

東欧で人気の日本食のお味は?寿司に生肉、天ぷらに山椒、餃子はポーランド風etc.

タタール巻とはタルタルステーキのこと。ポーランドのタルタルステーキは牛の生肉をたたいて挽肉上にし、塩コショウで味付け、卵の黄身を乗せたユッケのようなものだ

◆普通のスーパーにも日本食材が並ぶ時代に

 いまや、世界中で味わうことのできる日本食。「スシ」や「テンプラ」といった言葉は、海を越えて共通語として通じるほどポピュラーになっている。特にイギリスではカツカレーが大人気で、もはや“イギリスの国民食”とも言われている。筆者が住んでいる、東欧・ポーランドのトルンでも、人口20万人ほどの都市に5〜6軒の日本食レストランがひしめき合っており、その人気の高さがうかがえる。

 しかし、ひとえに日本食といっても、味や「らしさ」は店によってまちまちだ。首都ワルシャワの高級レストランで日本食を食べたことがあるが、庶民にはとても手が出ない値段のわりに、肝心の味は完食するのに苦労するほどの低レベル……。

 以来、海外での日本食は敬遠していたが、現地の友人から「本当に美味しいから!」と太鼓判を押され、「東欧の和の味」にチャレンジしてみることにした。

 大型スーパーや輸入食材店では、いわゆる日本人がイメージする米や海苔、醤油やワサビ、そばやうどんなども手に入るようになっている。そのため、昔に比べれば食材ひとつとっても、クオリティは上がっているはずだ。ちなみに米に関しては独特の表記がされており、「白米」と表示されているものは、たいてい東南アジア系の細くてパサついたもの。丸くて粘り気のあるものは「寿司用」と書かれている。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)