借金500万円男。自分への誕生日プレゼントは「ホームレス生活とサヨナラ」

借金500万円男。自分への誕生日プレゼントは「ホームレス生活とサヨナラ」

写真はイメージ

―[負け犬の遠吠え]―

ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。
それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。

「マニラのカジノで破滅」したnoteが人気を博したTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載は62回目を迎えました。

 今回は誕生日にホームレス生活とサヨナラしたお話です。

◆誕生日を迎え齢を重ねた9月

 人間が勝手に決めた暦では9月になった。不思議なことに、それを察するように気温も下がった。

 夏が終わり、冬が来る。今年ももう終わりが見えてきて、人はまた一つ歳を取る。

 秋の始まりに誕生日を迎えた。30歳が見えてきて、子供の頃の夢を何一つ叶えられなかった罪悪感から毎年この日が憂鬱なものになるかと思っていたが、それほどの悪感情はなかった。紆余曲折の無い、ただただ真っ直ぐに、工夫もなく、金を返すためだけに働いた一本道。振り返ったところで思い出すのは足が重かった記憶だけだ。芋虫の走馬灯でもまだマシな景色になるだろう。

 そんな密度のない一年を見返してみてもそれほど気にならないのは、とても強い「まあいっか」の精神が育ってしまったからかもしれない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)