「スーパーソニック2021」30代フェスおじさん記者が抱いた“1/3の複雑な感情”

「スーパーソニック2021」30代フェスおじさん記者が抱いた“1/3の複雑な感情”

厳戒態勢のなか、開催された「SUPERSONIC 2021」

もう、「フェスに行った」なんてインスタに投稿できないのではないかーー。

 それが10年以上フェスを愛好する30代の“フェスおじさん”を自称する記者が会場をあとにしたときの率直な感想だった。

 8月28、29日に愛知県常滑市で開かれた野外フェス「NAMIMONOGATARI(波物語)」が今なお炎上している。

 炎天下超満員の中、ノーマスクを放置して酒類の提供をした結果、40人以上の新型コロナ感染者が発生。こうしたフェスへの批判的な視線が向けられている中、9月18日から2日間にわたり開催されたのがZOZOマリンスタジアム(千葉県千葉市)で開かれた音楽フェス「SUPERSONIC 2021」だ。

 当地では約20年にわたり、「SUMMERSONIC」が開催されてきたが、コロナ禍により昨年は中止、今年は代替イベントとして開催が決まっていた。

◆◆「SUPERSONIC 2021」“泣きっ面に蜂”状態での開催

 日頃より運転中EDMをかけ、車内で大声で歌っている記者は、2019年以来のリアル会場で開かれる「サマソニ」を複雑な感情を抱きながらも参加することに決めた(一番好きなのはベタだが故・Aviciiだ)。

 だが、18日当日の天候は14号が日本列島に近づいており、「雨のちくもり」の予報。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)