iPhone 13シリーズは買いか見送りか? 旧モデルとの差を徹底比較

iPhone 13シリーズは買いか見送りか? 旧モデルとの差を徹底比較

新iPhoneを旧型と徹底比較

iPhone 13シリーズは買いか見送りか? 旧モデルとの差を徹底比較

iPhone 13

―[デジタル四方山話]―

iPhone 13シリーズの特徴とは?

 9月24日にiPhone 13シリーズが発売される。「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4モデルがお目見えし、すでに予約販売が始まっている。

 iPhone 13シリーズ共通の特徴としては、CPUがA14 BionicからA15 Bionicになり、ディスプレイはSuper Retina XDRディスプレイとなる。ディスプレイサイズはいずれも変わらず、OSはiOS 15。前モデルと同様、5Gやワイヤレス充電、MagSafe、デュアルSIM、防水に対応する。なお、端子は相変わらずLightningで、Touch IDも搭載されなかった。

 大きなポイントは新搭載された「シネマティックモード」。動画の中でひとつの被写体から別の被写体にフォーカスを切り替えるフォーカス送りというテクニックが利用できるようになった。撮影後でもフォーカスの奥行きやぼけ具合を調整できる。プロ向けのカメラでもなかなかできないことで、iPhoneで手軽に映画のような映像を撮れるのが面白そう。

◆気になるスペックを再確認

 6.1インチディスプレイのiPhone 13は、ディスプレイの最大輝度が625ニトから800ニトと明るくなった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)