ムロツヨシが“喜劇役者”を名乗るワケ。両親の離婚、長い下積み、借金を経験しても

ムロツヨシが“喜劇役者”を名乗るワケ。両親の離婚、長い下積み、借金を経験しても

ムロツヨシが“喜劇役者”を名乗るワケ。両親の離婚、長い下積み、借金を経験してもの画像

今年1月で45歳となったムロツヨシが、『マイ・ダディ』で映画初主演を果たした。男手ひとつでひとり娘を育てる牧師の役だ。出演したテレビドラマ『ハコヅメ』の警察官役とも呼応する、シリアスとコメディを両立する役柄となっている。

 映画のチラシに記されたコピーは、「主演映画に選んだのは、<ひとりの男><ひとりの父親>だった」。この映画を「選んだ」宿命とも呼べる、「喜劇役者という十字架」に迫る。

◆「選んだ」のではなく、僕を「選んでくれた」

――俳優にとって「初主演」の作品は、特別なものです。作品選びは慎重に行われたのでしょうか。

ムロ:僕が「選んだ」のではなく、僕を「選んでくれた」というのが正確かもしれないです。僕は19歳から役者という道を選びましたけれども、舞台やドラマでは主演させていただく機会があったものの、映画という世界においては、僕を主演で使いたい、僕を主演で何か作ろうという人は40代半ばまで現れなかった。正直な話をすれば現れてくれたこともあったんですけども(笑)、スケジュールの都合もあり叶わなかったんです。

今回は、撮影が始まるかなり前にプロデューサーさんから連絡をいただいて、撮影スケジュールも話し合いながら実現に向けて動いていきました。「映画初主演」って、役者にとって一度きりですからね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)