潰された「菅プラン」が持っていた“憲法上の正しさ”<著述家・菅野完氏>

潰された「菅プラン」が持っていた“憲法上の正しさ”<著述家・菅野完氏>

潰された「菅プラン」が持っていた“憲法上の正しさ”<著述家・菅野完氏>の画像

◆異様な記者会見

 9月9日に菅総理が行った緊急事態宣言延長に関する記者会見は、異様なものだった。
 NHKの中継映像からして、いつもと様子が違う。普段の総理会見では決して映り込むことのないプロンプターが、頻繁に画面に登場するのだ。会見直後から配信が始まった新聞各紙のインターネット記事に添えられた写真も同様。ほぼ全紙が「プロンプターを利用する菅義偉」を被写体としている。

 一番顕著(悪質と言うべきか)だったのは産経新聞で、透明アクリル板状のプロンプター越しに、菅総理の顔面をアップで押さえている。これではまるで拘置所で面会を受ける勾留者ではないか。行政上のアナウンスを行う総理の記者会見で、ことさらにプロンプターを映り込ませたり、あるいは産経新聞のようにプロンプター越しに総理を撮影することは、極めて異例。ある種の悪意を感じざるを得ない。

◆政治家・菅義偉の死

 思えば、菅総理の総裁選不出馬・所謂「フルスペック」での総裁選の実施との決着に行き着いた今回の政局の間ずっと、菅総理は意図せぬ悪意に翻弄されてきた。
 その最大の事例が、毎日新聞による8月31日深夜配信の「首相、9月中旬解散意向 党役員人事・内閣改造後」というスクープ記事だろう(紙媒体としての初出は9月1日朝刊)。
 このスクープ記事で毎日新聞は「菅義偉首相は自民党役員人事と内閣改造を来週行い、9月中旬に衆院解散に踏み切る意向だ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)