日テレ・栗原甚プロデューサーが描くバラエティ番組の未来像「制約の厳しさがアイデアに」

日テレ・栗原甚プロデューサーが描くバラエティ番組の未来像「制約の厳しさがアイデアに」

栗原甚 日本テレビ 演出・プロデューサー
伝説の深夜番組『¥マネーの虎』を皮切りに『さんま&SMAP』『伊東家の食卓』『ぐるナイ』『行列のできる法律相談所』『踊る!さんま御殿』など数多くの人気バラエティー番組を手がける

BPO(放送倫理・番組向上機構)は「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」を審議の対象にすることを決めた。これを受けてネット上では、バラエティ番組の変容を危惧する声が上がった。さらに終わりの見えないコロナ禍や、Youtubeなど動画配信サービスの隆盛で、多難に見えるテレビ業界。その現在と未来について、数々のヒット番組に関わってきた日本テレビの演出・プロデューサー栗原甚さんに話を伺った。

◆『¥マネーの虎』からちょうど20年

――この10月で、人気番組『?マネーの虎』の放送開始から20年になるそうですが、あの番組は、どんなコンセプトではじまったんでしょうか。

栗原:日テレの社内で、数年ぶりに新番組の企画募集があったのがきっかけです。募集枠は土曜の深夜だったので、予算も本当に少なくて……まずは予算をどう切り詰めれば面白い企画になるか、逆算して企画を考えましたね。

――それで、タレントではなく一般人が主役にしたと。

栗原:テレビを見ながらどこを削れるかを考えて「タレントさんはギャラが必要……タレントをなしにできないか」と考えました。それからスタジオセットを建てるのにも予算が必要なので、スタジオセットもいらないって……。

――今では、タレントなしスタジオセットなしの番組はありますが、その走りとも言えますね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)