田尾安志、最後まで埋まらなかった三木谷オーナーとの溝「口を出すなら直接言ってほしかった」

田尾安志、最後まで埋まらなかった三木谷オーナーとの溝「口を出すなら直接言ってほしかった」

田尾安志、最後まで埋まらなかった三木谷オーナーとの溝「口を出すなら直接言ってほしかった」の画像

大男たちが一投一打に命を懸けるグラウンド。選手、そして見守るファンを一喜一憂させる白球の行方――。そんな華々しきプロ野球の世界の裏側では、いつの時代も信念と信念がぶつかり合う瞬間があった。あの確執の真相とは?あの行動の真意とは?天才打者と評された男が選んだ、新球団初代監督というポスト。田尾安志のキャリアを形作ってきた信念に迫る。

◆「オーナーから僕へ直接質問や文句がくることはありませんでした」

 東北楽天ゴールデンイーグルスの初年度は、フロントと現場の野球観の違いがすべてだった。オーナーの三木谷と、現場で指揮をとる監督の田尾との齟齬が、戦況に少なからず影響を与えた。

「若いオーナーだからいろいろ言ってくるだろうという思いは就任したときからありましたよ。でも、口を出すなら直接僕に言ってほしかった。間に人を挟むと、正しく伝わらないことが多いですから。何度もそう言ったんですが、オーナーから僕へ直接質問や文句がくることはありませんでした」

 田尾は爽やかな表情を崩さないものの、目の奥に勝負師特有の鋭さをたたえて続ける。

「試合にボロ負けしてオーナーが発言したことが次の日の新聞に大きく掲載されると、『こんなこと言ってない』となるんですよね。サッカー(楽天が実質的に運営を務めるヴィッセル神戸)でも同じようなことを言っていると思うんですけど、サッカーだと大きく載りませんから。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)