巨人、楽天は大ナタ大量解雇が避けられず、補強ポイントが埋まれば日ハムの来季は若手が躍動するか

巨人、楽天は大ナタ大量解雇が避けられず、補強ポイントが埋まれば日ハムの来季は若手が躍動するか

巨人、楽天は大ナタ大量解雇が避けられず、補強ポイントが埋まれば日ハムの来季は若手が躍動するかの画像

―[数字で見るプロ野球]―

 4回に分けてお送りした日本一早いストーブリーグ予想の最終回は巨人・日本ハム・楽天を取り上げる。ここ数年、編成の方針は変わらぬ巨人、再来年の本拠地移転を計算していそうな日本ハム、今年が必勝体制だったことが数字にも出た楽天と、3球団ともオフには全く違う動きになりそうだ。

 8月31日をもって2021年プロ野球の支配下登録・移籍期限が終了し、来年に向けての戦力外やドラフト戦略が見え始める今、どこよりも早く編成数の状況を解説する。

◆途中加入を毎年準備する巨人だが育成環境は整わず

 巨人は近年一貫した編成スタイルをとっている。育成契約を多く抱えることはもちろんのこと、開幕時の支配下選手数を65人以下とし、シーズン終了時には70人枠近くまで埋めるという「シーズン状況や育成状況に応じて補強・昇格を『前提』としている」方針だ。

 今年もすでに5選手への戦力外通告が報道され、大塚球団副代表編成部長からは支配下選手10人以上を戦力外通告か育成での再契約とする方針を示しているが、例年どおりである。

 近年ずっとこの方針のため、戦力外通告を受ける人数はどうしても多くなる。だが、若い選手であれば高確率で育成契約が打診される。昨年は4人の選手が育成契約となったところ、今年は鍬原拓也投手、直江大輔投手が1年で支配下に復帰している。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)