iPhone 13 Pro Maxをガチレビュー。カメラ性能とバッテリー駆動時間が凄かった

iPhone 13 Pro Maxをガチレビュー。カメラ性能とバッテリー駆動時間が凄かった

被写体に2cmまで近づける

―[デジタル四方山話]―

 iPhone 13シリーズが発売されて1週間あまりが経過。早めに予約した人の手にはぼちぼち届いていることだろう。筆者もiPhone 13 Pro Maxを購入。今回は、iPhone 13ってどう? と様子見している人に、実際に使用してみてわかったオススメポイントをお伝えしたい。

◆バッテリー駆動時間が長い&充電時間が短い

 iPhone 13シリーズはバッテリー駆動時間が長いことをウリにしているが、中でもiPhone 13 Pro Maxは最長となっている。スペック表ではビデオ再生は最大28時間、オーディオ再生が最大95時間。iPhone12 Pro Maxがそれぞれ最大20時間、最大80時間、iPhone 13 Proがそれぞれ最大22時間、最大75時間なので、なかなかのパワーアップだ。画面が大きいのに、使える時間が長くなっているのはありがたい。

 海外のテック系サイトではiPhoneを分解し、バッテリー性能を分析しているところがある。iPhone 13 Pro Maxのバッテリー容量は約4400mAhのようで、これはiPhone 12 Pro Maxの約2割増し。駆動時間が延びているのも納得だ。

 また、正式発表はされていないのだが、iPhone 13 Pro Maxの充電速度が早いという噂もある。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)