病気の予防すらお金で買える時代?富裕層が注目する高額医療サービスのトレンド

病気の予防すらお金で買える時代?富裕層が注目する高額医療サービスのトレンド

※写真はイメージです

年収と健康には因果関係がある――近年、さまざまな研究によってそんな事実が明らかにされてきた。格差が広がる日本でも問題視され始めた「健康格差」が今、新型コロナの影響で深刻化している。残酷なまでに広がりだした“命の格差”の実態に迫る。

◆セレブの共通認識は「体=資本」

 生活困窮者が無料低額診療を求める一方で、ある意味“対岸”にいる富裕層たちは、どのような医療との接し方をしているのか。

「健康とお金には、多くの共通点があります」

 そう断言するのは、虎ノ門中村クリニック院長の中村康宏医師だ。ニューヨークで公衆衛生学修士を取得した中村氏は、留学中は経営者や富裕層などいわゆる「セレブ」とも交流してきた。

「彼らに共通していたのは、『体=資本』と考えていること。健康体でいることで仕事のパフォーマンスも上がり、仕事の業績もアップする。病気の早期発見、早期治療が大切と言われていますが、体への一番の投資は、病気になる前に予防することなんです。特にアメリカでは、医療保険料が非常に高いので、予防やケアへの意識がシビアになっているという社会的な背景もありますね」

◆投資と健康の相似点

 さらに中村氏は、投資と健康の相似点を述べる。

「投資では、利息を元本に含めたものに、さらに利息をかける『複利』によって雪だるま式に資産が増えていきますが、病気のリスクも同じです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)