「マルジェラの傑作コート」ファッションに興味がない人にもおすすめな理由

「マルジェラの傑作コート」ファッションに興味がない人にもおすすめな理由

コート&トレンチ(Masion Margiela)25万6300円

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

◆102/108 コート&トレンチ(Masion Margiela)25万6300円

 カーコートともレザーブルゾンとも言い難いデザインアウター。背面はトレンチコートのパーツを貼り付けており、なんともカテゴライズしにくいアイテムとなっています。

 作り手であるメゾンマルジェラの得意技「デコンストラクション/脱構築」を感じられる一品になっています。「脱構築」は哲学でもビジネスでも用いられる概念ですが、既にある枠組みから解体し新しく構築し直すことを指します。

 以前からマルジェラはレザーベルトを解体してジャケットにしたり、一度パーツをすべて分解し再度つなぎ合わせデザインしたりと解体・再構築を意欲的に行っています。

◆「脱構築」で新しい価値を模索

 人類が服を作り始めて1000年以上たち、長い服飾史の中でこれ以上のデザイン的な進化は起こりにくい状態になっています。

 そこでマルジェラは既にあるデザインを一度崩し、組み間違えたパズルのようにあえて歪に構築し直す「脱構築」で新しい価値を模索しているのです。ビートルズがAメロ・Bメロ・サビの構成を崩し、あえてサビを先に持ってきて新しい形を模索したように。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)