名バイプレーヤー・杉本哲太の衰えぬ探究心「YouTuberにも興味あります(笑)」

名バイプレーヤー・杉本哲太の衰えぬ探究心「YouTuberにも興味あります(笑)」

名バイプレーヤー・杉本哲太の衰えぬ探究心「YouTuberにも興味あります(笑)」の画像

◆余裕が出てきたからこそ、慎重さを大切にしたい

 北野作品の印象が強いからか、武骨で男くさい―。杉本哲太は中高年が同世代で格好いいと思うバイプレイヤーの一人だ。10月10日スタートの日曜劇場『日本沈没−希望のひと−』でも主演の小栗旬を支える内閣官房長官・長沼周也役を演じ、その存在感はベテランならでは。

「若い人を見守りつつ複雑な感情を抱く、人間くさい役です。危機的状況で人はどうなるのか、後進にどんな背中を見せるべきか。僕の役と作品を通じて感じていただきたいです」

 16歳でデビューして今年で40年。実際の仕事でも若手俳優が杉本哲太から学ぶ背中はある。

「年を重ねるごとに、一つのセリフに対して丁寧に、真摯に向き合うようになりました。余裕が出てきたからこそ、慎重に取り組みたいんです」

◆YouTuberにも興味あり!?

 いまだ衰えぬ仕事への探究心も健康と体力維持があればこそ。50歳からジム通いを始め、今も継続中だ。

「新しいことに挑戦し続けたい。コロナ禍で最近台所に立つこともあって、ブロッコリーの茹で方をYouTubeで探しました。そんな流れでYouTuberも興味あります(笑)」

 キャリアを重ねても変化を恐れない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)