データ活用のプロ集団は日本の大企業の何を変えたのか? ブレインパッド・草野社長を直撃

データ活用のプロ集団は日本の大企業の何を変えたのか? ブレインパッド・草野社長を直撃

ブレインパッド代表取締役社長・草野隆史氏

―[あの企業の意外なミライ]―

◆徹底したBtoBの裏方ビジネス

 いまや、ビッグデータ、AI(人工知能)、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が当たり前の時代になり、データの重要性は誰もが認識しています。しかし、遡ること17年前。

 2004年には、ブレインパッドの創業者である草野隆史氏は今の時代が来ることを見越していました。当時は「データなんて、ビジネスにならない」と周囲に止められたことも。誰も価値が分からない時に、自分にしかできないと思い、ブレインパッドを創業。いまや、多くの大企業がブレインパッドのデータ活用サービスを利用しています。

 トヨタ自動車、JAL、ANA、すかいらーく、高島屋、ローソン、キユーピー、コカ・コーラ、りそなグループ・・・と名だたる大企業が並びます。その根底にある思いは「日本の大企業が振る舞いを変えて、ビジネスを伸ばせば、社会的インパクトが大きい」という考えです。

 徹底したBtoBの“裏方ビジネス”をやっていると草野社長は語ります。今回は、ブレインパッドのサービスが私たち消費者にどんなメリットをもたらしているのか。日頃、明かされることのない、ブレインパッドの“裏方”の全貌をお届けしましょう。

◆当時、誰もピンと来なかったからこそ「データ活用」で創業

馬渕:草野社長は新卒でサン・マイクロシステムズ(現:オラクル)に入社、その後フリービットを経て、2004年にブレインパッドを創業されていますね。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)