安住アナ・香川照之の朝番組『THE TIME,』7つのツッコミどころ。昭和か!?

「ザ・タイム」と同じスタジオで、先述した元気すぎるピアノが午前4時30分から始まる。「ザ・タイムダッシュ」には安住アナが出てこず、メインMCの杉山真也アナウンサーは入社15年目で安定感抜群の人だ。

 5時20分に安住アナの「ザ・タイム」が始まるが、この区切りがよくわからないのだ。

 安住アナが登場しても、3人の社員アナは引き続きしばらく出演する。安住アナが3人紹介するのだが、こっちは、もう1時間も前から3人を見ているから、「今さら名前を言われても」「もう一度おはようございますと言われても」と思ってしまう。そして3人は朝6時前後からは急に出番が減る。

 このため、4時30分から同じ番組が続いて、6時頃にフェードアウトしたかのように見えるのだ。

 ところが、そう思って見ていると、杉山アナが7時台冒頭などのニュースに再登場したりするので、あれ、まだいたんだとなる。しかし、杉山アナはそのあとは特に出番もなく、番組最後の1分ほど、広大なスタジオの後方の端に立たされ、手を軽く振って終わっていた。豆粒ほどの大きさで、できるだけ映らないように、という感じ。正直、気の毒だ。杉山アナは、朝4時30分から奮闘しているのに。

 また、社員アナや各お天気コーナーの気象予報士も、いつの間にか消えていなくなる。

関連記事(外部サイト)