安住アナ・香川照之の朝番組『THE TIME,』7つのツッコミどころ。昭和か!?

重要な項目から始まるとも限らない。ゆっくり画面の前に座って、じっくり見ることができる人に向く構成なのだ。

◆その7:昭和か!

 TBSのこの時間の情報報道番組は、時代をリードしてきた。1970年代の『おはよう700』『おはよう720』で使われた洋楽のカバー曲、「カントリーロード」や「ビューティフルサンデー」は、日本で大ヒットしたほどだ。

 それがいつの間にか、他局の朝番組にもっていかれてしまった。数々の朝番組を思い出しながら、『ザ・タイム』は、なんでいまピアノや鳩時計なんだろう?と考えていた。浮かんだキーワードはまさかの「昭和」。昭和の朝番組には、エレクトーンの生演奏があったし、ぬいぐるみの登場もあった(今や、ぬいぐるみは、日本テレビの天気予報の「そらジロー」ぐらいだが)。

『ザ・タイム』の7時は、「7時のうた!今日もいい日に」というのんびりした歌で始まるのだが、まさか、これをかつての朝番組のようにヒットさせようと思ってるのだろうか。ピアノ、人形、歌…少しひねってはいるが昭和テイストてんこ盛り朝番組なのだ。そういえば、番組のテーマ曲も懐かしい昭和の大ヒットソング、ゴダイゴの「銀河鉄道999」である。

◆スター・安住アナを成功させてほしい

 10月3日のラジオ番組「安住紳一郎の日曜天国」ではっきり言った。

関連記事(外部サイト)