米国籍のノーベル賞受賞者を「日本人として」誇る新首相の滑稽

米国籍のノーベル賞受賞者を「日本人として」誇る新首相の滑稽

写真/時事通信社

―[鈴木涼美の連載コラム「8cmヒールで踏みつけたい」]―

地球の気候変動など、複雑な仕組みを理論づけたことが評価され、米プリンストン大上級研究員の真鍋淑郎さん(90)がノーベル物理学賞を受賞。会見では「日本では、科学者が政策を決める人に助言する方法、両者の間のチャンネルが互いに通じ合っていない。米国はもっとうまくいっていると思う」と日本の研究環境への懸念も露わにした

◆「他人の母親を盗みなさい」

「日本経済の目ざましい復興と共に、ますます日本人は、いい気なナルシズムにとりつかれている傾向があります。アメリカの日本ブームとやらが、日本人の鼻を高くさせているきのうきょうは殊にそうです」と三島由紀夫が書いてから60年以上経ち、日本経済は目ざましい低迷を続けている気がするが、三島が「下手に外国をほめたたえて、日本をクサしてばかりいると、右と左から国賊呼ばわりされかねない時代」と呼んだ傾向はSNS化した言語空間でますます顕著だ。

 その傾向に対し三島は、日本の道路は悪い→平和を愛して来たから軍用道路が発達しなかった、日本の社会保障は不完全→社会保障が行き届きすぎる国は老人の自殺が多い、外国は夫婦そろって出かけて楽しむ→女房を家に閉じ込めて亭主ばかり外出するのは倦怠期防止策になる、とよくある日本の悪口をひっくり返し、「日本がいいという点を並べ立てれば、日本がわるいという点と、丁度同点になるに決っています」と遊んだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)