勝俣州和、疲れ知らずの56歳「嫌なタイプとの仕事でも元気なワケ」

勝俣州和、疲れ知らずの56歳「嫌なタイプとの仕事でも元気なワケ」

勝俣州和さん

◆「人と関わる」ことって、自分が元気になるんです

 いつでも元気な半ズボン姿がトレードマークのタレント・勝俣州和さん。デビュー以来、常に明るい雰囲気にあふれる勝俣さんだが、今年でなんと56歳!

「実は、特別なことは何もしてないんですよ。『あ、不調だな』と思ったら、早めに寝たり、風呂にゆっくりつかったり、にんにくを食べたりとか、その程度。栄養ドリンクやサプリに頼りすぎると、僕の場合は逆に体調が悪くなるので、できるだけ自力で調子を取り戻すよう心がけています」

 芸能人という仕事柄、高カロリーな食事が多そうな印象だが、食生活で気をつけていることは?

「ウチは妻が健康に関心が高いので、毎日青汁を持たされています。あと、朝起きたら水を1杯飲むのが習慣です。ただ、注意しているのは“温度”。『体温より冷たいものを飲むと、体が体温を上げなきゃと思って余計疲れる』と専門家の方に言われて以来、飲み物は基本常温です。お酒を飲むときも、氷は1個か2個に抑えています」

◆毎朝10qのランニングも

 また、40代から毎朝10qのランニングも欠かさないという。

「『朝走ると疲れない?』と言われたりしますが、僕の場合はしんどい日ほど走ります。走っていると頭がスッキリして、なかなか決まらなかったトークの構成が浮かんだりするんですよ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)