フリーランスが、賃貸住宅の審査をあっさり落とされてわかったこと

フリーランスが、賃貸住宅の審査をあっさり落とされてわかったこと

フリーランスが、賃貸住宅の審査をあっさり落とされてわかったことの画像

UberEats(ウーバーイーツ)の配達員は、アルバイト(直接雇用)だと思っている人もいるが、あれはフリーランス(個人事業主、業務委託)である。出前館の配達員は、時給制のアルバイト中心だったが、フリーランスを増やそうとしている。また、一部の大企業では、専門職の社員を、フリーランスとして業務委託契約に切り替える動きが出ている。

◆社員・バイトと同じような仕事のフリーが増えている

 同じような仕事でも、社員・アルバイトとフリーランスは大違い。フリーランスは自営業だから、労働法で守られない。残業代も最低賃金規制もないし、失業手当もないし、仕事を切られるリスクも高い。この、企業にとって都合がいい“フリー化”が世界のトレンドで、問題にもなっている。今年2月、イギリスでは最高裁が、UberEatsのドライバーはフリーではなく「従業員」だという判決を出し、英Uberは待遇を改善した。
 
 フリーランスが昔から多い業界の一つが、メディア業界だ。フリーだと、クレジットカードや住宅ローンの審査が通りにくいのは知られているが、賃貸住宅でさえ大変らしい。フリーライターの吉川ばんびさんは、つい最近、賃貸契約でそれを実感したという(以下、吉川さんの寄稿)。

◆賃貸住宅の審査、1件はあっさり落ちた 

長く住んでいた大阪から東京へ引っ越すことになった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)