鬼才・園子温がニコラス・ケイジとタッグ。還暦にしてハリウッドデビューできた理由

鬼才・園子温がニコラス・ケイジとタッグ。還暦にしてハリウッドデビューできた理由

鬼才・園子温がニコラス・ケイジとタッグ。還暦にしてハリウッドデビューできた理由の画像

強烈な作家性で、日本の映画界に衝撃を与え続けてきた園子温監督。『紀子の食卓』や『愛のむきだし』、『ヒミズ』など、いまや国際的な映画賞を受賞する作品を数多く手がけているが、実は挫折の多い、遅咲きの人生だった。大学時代に自主映画を撮り始め、すぐに才能を見出されるも、商業監督デビューは40歳のとき。

 さらに、日本で映画を撮りながら、何度もハリウッドへの挑戦を続けていたが、なかなか実現には至らなかったという。しかし、ようやく最新作『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』でハリウッドデビューを果たした。しかも、主演にはニコラス・ケイジを迎えるという、夢のようなタッグで。本作はサンダンス映画祭で好評を博し、現在、日本でも全国公開中。念願だったハリウッドへの思いと、映画監督としての原点に迫る。

◆ニコラス・ケイジは空気みたいな存在

――園子温監督が、ハリウッドデビュー。そしてニコラス・ケイジが主演、かなり驚きました。

園:彼と実際に話してみると、僕の映画『アンチポルノ』を観て、泣いたっていうんだよ。それで、「君を本当に信用しているから、好きなように撮ってくれ」と言ってくれた。僕も『アンチポルノ』が一番好きっていう人は面白いな、とその場で意気投合。ゴールデン街に飲みに誘ったときは、とことん酔っぱらった揚げ句に、めちゃくちゃな英語で喋り明かしましたね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)