全力で走り続けた13年。SKE48の新プロジェクト始動

全力で走り続けた13年。SKE48の新プロジェクト始動

全力で走り続けた13年。SKE48の新プロジェクト始動の画像

SKE48が10月5日、名古屋・栄の専用劇場でのデビューから13周年を迎え、記念のトークショーを開催した。

「SKE48 13周年SPトークショー 〜ガイシホールで予定していた重大発表ここでします!SP〜」と題して、青海ひな乃、松本慈子、江籠裕奈、古畑奈和、熊崎晴香、斉藤真木子、須田亜香里、林美澪の8名が登場し、「トークショー」と銘打ちながら全7曲のパフォーマンスも披露。

 さらにトークのパートでは、コロナ禍で中止となった日本ガイシホールでのコンサートで予定していた7つの重大発表を行った。

◆「トークショー」とは思えない全力パフォーマンス

「トークショー」というイベント名のため、まったり話を聞こうとする客席のファンたちの予想を裏切り、ステージのライトがつくやいなや、グループの自己紹介ソングである『SKE48』のパフォーマンスがスタート。『バンザイVenus』の曲中にメンバー全員で「13周年、バンザイ!!」と叫び、『1!2!3!4! ヨロシク!』へと続く。

 メンバーの自己紹介を含むMCでは、松本が「本日の劇場公演は、以上のメンバーでお送りします」と、「トークショー」を「劇場公演」と言い間違えて、ツッコミを受けた。ただ幕開けから全力だったので、MCで頭が回らず間違えるのも仕方ないくらいの勢いのあるパフォーマンスだった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)