<純烈物語>売れない芸人たちも働いていた……大江戸温泉物語の「働く人」の力<第118回>

<純烈物語>売れない芸人たちも働いていた……大江戸温泉物語の「働く人」の力<第118回>

純烈を支えた東京 大江戸温泉物語のスタッフ

―[ノンフィクション連載「白と黒とハッピー 〜純烈物語」]―

◆<第118回>小田井が口にしたここで働く芸人たちの存在。大江戸温泉物語は場所ではなく“人”だった

 それは長きに渡る純烈の歴史上、さらには多くの人々に愛された東京お台場 大江戸温泉物語にとって特別な言葉であり、広大なワールドワイドウェブ上へテキストとして後世まで残すべきものと判断し、長くなるのを承知で全編書き起こしたいと思う。2021年9月2日、同所における最後のライブでラスト1曲の前にリーダー・酒井一圭はこう語った。

「次が最後の曲ということで、ここで歌う最後の曲になってしまうんですが、本当に大江戸温泉物語……“人”ですね。場所というより、人。僕らが出逢った頃は安田(拓己)さんが仕切っておられて、今仕切っておられるのがあのイケメンの平澤(誠)さん、PAの木島(英明)は辰巳(ゆうと)君や(真田)ナオキやほかのアイドルイベントでも仲よくしていただいて。

 山本(浩光)マネジャーもスタッフみんなと仲よくしていただいたおかげで、純烈ファンの皆さんとお会いできたり、あとはコロナ前で4人になったけど紅白頑張って目指すぞ! と毎月のように呼んでくれたりな。ここのスタッフがホンマに純烈を献身的に応援してくれて、コロナの中でお店が休業しているにもかかわらず平澤さんも休みなのに鍵空けにきてくれて、ここで記者会見やらせてくれたりYouTubeの配信をやらせてくれたり。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)