駆け出し女優・見上愛「渋谷のスクランブル交差点で絶叫した」底抜けの表現力

駆け出し女優・見上愛「渋谷のスクランブル交差点で絶叫した」底抜けの表現力

映画『プリテンダーズ』出演する見上愛

◆女優・見上愛は根っからの表現者

 ネクストブレイクのキラメキが詰まっている。今年話題を呼んだNHK連続ドラマ『きれいのくに』での凄まじき演技力が耳目を集めた女優の小野花梨と見上愛が、遡ること1年前に映画『プリテンダーズ』(10月16日公開)で初共演していた。

 当時の見上は女優デビューして1年にも満たない駆け出し中の駆け出し。メインキャストとして映画の撮影に加わったのも初めてだ。にもかかわらず見上は、子役出身の小野を相手に堂々とした態度で喜怒哀楽を伸びやかに表現している。それはどこでどう習得した技量なのか? インタビューを通してわかったのは、見上は根っからの表現者だったということだ。

◆「メインキャストを演じるのも初めての経験」

 パンキッシュな主人公・花梨(小野)の生き様に憧れ、行動を共にする風子を演じた。「撮影は今から1年半程前。メインキャストを演じるのも初めての経験でした。自主映画の様にみんなで知恵を絞り、試行錯誤しながらの撮影は新鮮で楽しかったです。『きれいのくに』で共演した小野さんとはこの映画が初共演ですが、偶然にもロケ地がドラマと同じ。『きれいのくに』撮影時に二人で“このクラブって…え?ウソでしょ!?”とビックリしました。まさか同じ場所で映画とは違う関係性で再会するとは」と奇縁を感じている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)