トヨタは大谷翔平にならなきゃダメだ!自動車業界EV化で出た結論

トヨタは大谷翔平にならなきゃダメだ!自動車業界EV化で出た結論

TESLA VS TOYOTA

―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―

◆テスラ・モデル3を買った猪瀬さんと、自動車業界のEV化について激論しました!

 以前、猪瀬さんにお会いした際は、BMW7シリーズやメルセデス・ベンツSLKとかに乗られていたんですが、いつの間にかテスラオーナーに! EV(電気自動車)化の波は我々カーマニアを素通りして猪瀬さんにまで到達していました! そんなテスラオーナー・猪瀬さんと、自動車業界のEV化について真っ向対決。トヨタの戦略については意見が真っ二つに割れました。

永福ランプ(清水草一)=文 Text by Shimizu Souichi

◆猪瀬直樹vs清水草一

清水:猪瀬さん、テスラ・モデル3をお買いになったんですね。いかがですか?

猪瀬:2月に大幅値下げが発表されただろう。それで試乗を申し込んで、車庫に入ることを確認し、すぐネットで注文した。スタンダードレンジプラスしか在庫がなかったが、車両価格429万円にオプション装備が56万円、普通充電の設置に約20万円。補助金が合計105万円。差し引き約400万円だから、支払いは国産車並みだな。

清水:テスラ・モデル3は、アメリカ製から上海製への切り替えで、いきなり最大156万円も値下げしたのには度肝を抜かれました。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)