小池一夫が構想した『ゴルゴ13』幻の最終回。ゴルゴは薬物中毒の逃亡者となり無残に散る

小池一夫が構想した『ゴルゴ13』幻の最終回。ゴルゴは薬物中毒の逃亡者となり無残に散る

さいとうたかを氏の悲報を伝えるスポーツ紙

9月24日に84歳で死去した劇画家さいとう・たかを。その代表作である『ゴルゴ13』は、現在も「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定され現在も『ビッグコミック』(小学館)で連載が継続中だ。死去に先立つ9月6日には単行本202巻も発売されている。

◆都市伝説的な最終回を巡る噂

 1968年11月から連載が始まり、いよいよ連載53年目に突入しようとしている『ゴルゴ13』。その最終回をめぐっては、様々な説が噂されていた。もっともまことしやかな都市伝説として流布されていたのが「最終回のプロットはすでに完成しており、下書きが金庫に厳重に保管されている」というものだった。しかし、これはあくまで都市伝説に過ぎない。

 今年7月『朝日新聞』のインタビューに書面で回答した、さいとうは最終回に問われて、次のように答えている。

「結末についてもよく聞かれますが、ずっと私の頭の中にはある。いつ日の目を見るかはわかりませんが」
(『朝日新聞』2021年7月9日付朝刊)

 今回、死去の報に際し『ビッグコミック』編集部ではさいとうが生前から「自分抜きでも『ゴルゴ13』は続いていってほしい」という希望を持っていたことを踏まえ、今後も連載を継続することを告知している。とすると、本来は存在し得たかも知れない『ゴルゴ13』の最終回は永遠の幻となってしまったのか。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)