慶応卒イケメン俳優が「会社勤め」を経験して知った“世間知らずだった自分”

慶応卒イケメン俳優が「会社勤め」を経験して知った“世間知らずだった自分”

崎本大海さん

ドラマ『科捜研の女』『闇金ウシジマくん』などで知られる俳優・崎本大海。6歳で子役として芝居の世界に入り、10代から20代にかけて順調にキャリアを重ねてきたが、節目となる30歳でシフトチェンジ。35歳の現在、俳優業と並行して資産運用アドバイザーとして活動している。

 サラリーマンの間でも転職や副業ブームが定着しつつある近年、「俳優」×「資産運用アドバイザー」というハイブリッドな存在を目指す彼に、セカンドキャリアに対する考え方、将来への展望などについて語ってもらった。

◆NHK朝ドラ出演で俳優業継続を決意

ーーまずは俳優としての経歴をお聞かせください。

 6歳のときに母親の勧めで児童劇団に所属させてもらって、そこから子役としてキャリアをスタートしました。中学、高校と私立の進学校に通っていたので、将来はいい大学に行ってそれなりの企業に勤めるか、弁護士になる夢も持っていたので、そうなっていくんだろうな……と、漠然と思っていました。

 でも、高校3年生のときにNHKの連続テレビ小説『わかば』(2004年)に出演させていただき、本当はもう俳優を辞めるつもりでいたのですが、そこで火がついたというか……。大学に通っているときも俳優の仕事を続けていたし、小さい頃からプロ意識を持って取り組んでいたのでプライドもありました。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)