借金500万円男。金もないのにボートレースでさらにスッカラカンになる

借金500万円男。金もないのにボートレースでさらにスッカラカンになる

ボートレース平和島 写真/SPA!編集部

―[負け犬の遠吠え]―

ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。
それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。

「マニラのカジノで破滅」したnoteが人気を博したTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載は64回目を迎えました。

 今回はボートレースでスッカラカンになったお話です。

◆「教養とは何か」をスマホゲームで知る

「教養」とはつまるところ「自分ひとりでも時間がつぶせる」ということだ。

 中島らもという作家の言葉だが、これは僕の好きな言葉のうちの一つである。

 Youtubeで世界の巨大生物ランキングや最強の兵器ランキングのような動画を見ながら

「こうして時間をつぶせている自分には教養があるのかもしれない」

 と呆けた顔で考えている。

 いや、考えてすらいない。

 そのとき、無為に捨てた時間を思い返す時の逃げ口上として言い聞かせている。実際のところは他人の作ったものを面白がって見ているだけなので全く当てはまってはいないのだが、言葉も時代と共に変化していくものだと言うし、令和の時代はこの解釈でも許されるだろう。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)