移動するだけでポイントが貯まるマイレージアプリ「Miles」を使ってみた

移動するだけでポイントが貯まるマイレージアプリ「Miles」を使ってみた

このように月ごとの移動データが蓄積されていく(画面の数値はダミー)

―[デジタル四方山話]―

◆移動するだけで1マイル1ポイント

 10月20日、シリコンバレー発のマイレージアプリ「Miles」が日本でサービスを開始した。スマホを持って移動することで、世界中どこでもAIが判定し、1マイルの移動に対し1ポイント付与してくれるのが特徴。アメリカでは140万人以上が登録しており、日本でも発表から24時間で10万人以上が登録するほどの注目ぶりだ。

 ウォーキングだけなく、自転車でもバスでも電車でも車でもマイルが溜まる。エコな移動手段ほどボーナスマイルが付く仕組みで、徒歩なら10倍。車なら等倍で、飛行機のみ0.1倍となる。マイルは自動的に付与され、ポイントはブランドパートナーの特典と交換できる。

 アプリも利用料も無料。早速使ってみよう。

◆移動手段はAIが自動判断

 アプリをインストールする際、位置情報の取得は常に許可しておくこと。アプリ起動中のみにすると、アプリを起動していないとポイントが貯まらないので注意しよう。友だちから招待コードをもらっているなら、アカウント作成時に入力するとポイントをもらえる。現在は、500ポイントをもらえた。

 アプリにログインしたら、後は移動するだけ。移動手段はAIが判断するが、例えば自転車移動をバスに間違えられてしまった場合などは、申告して変更してもらえる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)