ラジコンはOKなのにドローンはNGのワケ。日本のドローン規制事情

ラジコンはOKなのにドローンはNGのワケ。日本のドローン規制事情

FPV操作には慣れが必要だが、慣れてしまえば非常に簡単

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

◆産業用ドローンが際立っていた時代

 日本でドローンというと、規制でがんじがらめにされており「自由に使うことが出来ないと」回答する人が多い。せっかくの新技術なのに日本は規制だらけでドローン後進国だと言う人もいるだろう。

 ドローンと対比されてよく話題に上がるのが、「農薬散布用ヘリコプター」。日本は農業大国ということもあり、ドローン登場前は無人ヘリコプターによる農薬散布がよく行われていた。

 この分野ではヤンマーやヤマハの無人ヘリコプターが非常に優秀で、農協や民間企業が決められた時期に散布を行っており、農家は外注して農薬散布を行ってもらうのが通例となっていた。

 ラジコン業界も「双葉電子工業株式会社」や「ヒロボー株式会社」、「キーエンス」など空モノラジコンでは日本メーカーは一流として広く知れわたっており、エアプレーンやヘリコプター時代には日本メーカーの信頼性は超一流と言っても過言では無かっただろう。

◆簡単にドローンを手に入れられる時代が到来

 しかしクワッドコプター、いわゆるマルチコプターが登場し1989年にはキーエンスからドローンの元祖とも言うべきジャイロソーサーが発売され、当時はイロモノとして扱われていたものの、一定の需要がありクワッドコプターは広く普及していく。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)