共産党は暴力革命を否定。本気で実力闘争を目指す中核派は? 若手活動家に聞いた

共産党は暴力革命を否定。本気で実力闘争を目指す中核派は? 若手活動家に聞いた

最近では拠点である前進社がメディアに登場する機会も多い。写真は以前、本誌にて齋藤 郁真さん(当時、全学連委員長)を取材した時のもの

◆八代英輝弁護士の発言を巡って共産党が注目される

 10月31日の衆議院選挙投票日を前に、全国各地で各党の選挙活動が続いている。首相交代による刷新ムードで議席数の安定を果たしたい自民党に対して、野党各党は「野党共闘」を掲げて政権獲得すら口にしていた。

 だが、選挙を通じて感じるのは、どうしようもないシラケムードが自民党に漂っているのは言うまでもない。野党共闘が多数の議席を確保しても、なにかが変わりそうな雰囲気はまったくないからだ。

 選挙協力などによって「野党共闘」で存在感を目指す日本共産党をめぐっては9月末に「暴力革命」をめぐる議論が再燃した。発端はワイドショー番組『ひるおび!』(TBS)でコメンテーターの八代英輝弁護士が発した次のひと言だった。

「共産党はまだ『暴力的な革命』というものを党の綱領として廃止していません」

 これに対して、日本共産党は「事実無根」と猛抗議。番組は謝罪に追い込まれた。支持者も含め日本共産党は「暴力革命」を否定し、今回の衆院選でも、リベラルと大差ない選挙公約を掲げているのが実情だ。革命政党かと思いきや革命を放棄した、いびつな党が「野党共闘」として存在感を強めている実情。

 そんな悲惨な実情を「暴力革命」を肯定する革命党はどう考え、将来にどんな展望を持っているのか……。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)