ソフトバンクのスマホ教室に潜入「家族に聞けない悩みを解決しながらスマホの楽しさを伝えたい」

ソフトバンクのスマホ教室に潜入「家族に聞けない悩みを解決しながらスマホの楽しさを伝えたい」

ソフトバンク湘南台でスマホアドバイザーを務める金木浩司さん

いまや日々の生活になくてはならないスマートフォン(以下 スマホ)。2012年あたりから、4G通信に対応したスマホが各キャリアから発売されたのを機に、スマホの普及率は一気に拡大し、今では老若男女問わずに持ち歩く端末となっている。

 近年では5G通信網の拡大や5G対応のスマホも登場しており、さらにスマホが日常生活のインフラ化していくことが予想されるだろう。一方で、携帯電話やスマホの進化が目まぐるしく、そのスピードについていけないユーザーも一定数存在している。そんなお客様向けに、携帯各社の店舗で定期的に行われているのがスマホ教室だ。

 操作の仕方や使い方などをレクチャーし、スマホの魅力を伝えるのが主な役割となっているが、ユニークなスマホ教室を運営し、多くのリピーターを獲得しているのがソフトバンクでスマホアドバイザーを務めている金木浩司さん(48歳)。

 同社が実施するスマホアドバイザーAWARDにてスマホ教室部門1位を受賞しており、100回以上参加するリピーターもいるという。

 今回は、金木さんがスマホ教室で心がけていることやリピート率を高めるコツについて話を聞いた。

◆「デジタル格差に悩むお客様の力になりたい」という想い

 金木さんは量販店で仕事をしていた際、ソフトバンクのスマホアドバイザー職を知り、「どうしてもやりたい」という思いから上司に直談判して異動を申し出たそうだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)