SNSの誹謗中傷に悩むアイドルたち「ファンの顔を見て“あの人かな?”」

SNSの誹謗中傷に悩むアイドルたち「ファンの顔を見て“あの人かな?”」

※写真はイメージです

だれもがSNSを活用する時代。実名に限らず、匿名でもできることから、誹謗中傷に悩むひとたちが絶えない。芸能人のなかには、精神を病んでしまったり、活動を休止したりするほどまで追い込まれてしまう人も。それは今、社会問題のひとつと言えるだろう。

◆SNSの誹謗中傷が原因でアイドル活動の継続を断念

 るるさん(23歳・仮名)はライブアイドルとして活動していたが、SNSの誹謗中傷が原因で続けていくことが困難になってしまったと話す。

「ずっと歌って踊れるアイドルになりたかったけど、現実はキツい。あるユニットの新メンバーとして加入したけど、平日は動員が一桁なんてことも多かった。

 マネージャーさんからは、ライブの質をあげるのはもちろんだけど、いつでも更新できるSNSを頑張るようには言われていました」

 ライブは週2〜3回あり、レッスンが週1回。それ以外の日は生活費を稼ぐためにアルバイトをしつつ、四六時中SNSを更新していたという。

「最初はそんなに更新していなかったんですが、それに対して『新メンバーやる気がないね』って、リーダーのところにコメントがきて。そこから、バイトの時間以外は頑張ってマメに更新するようになりました」

◆目に入るのはアンチコメントばかり

 とはいえ毎日、面白い出来事があるわけではない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)