「Notion」が便利すぎるこれだけの理由。情報管理の万能ツール

「Notion」が便利すぎるこれだけの理由。情報管理の万能ツール

メールアドレスを入力して「サインアップ」をクリック

―[デジタル四方山話]―

◆Notionが熱い

 今、「Notion」が熱い。Notionは情報を一元管理できるウェブサービスだ。「またか」と思われるかもしれない。情報を保存できる便利なクラウドサービスの選択肢は多いからだ。

 文書なら「Googleドキュメント」、表組みなら「Googleスプレッドシート」、ウェブページなら後で読むサービスの「Pocket」、パスワード管理なら「1Password」などをすでに活用しているかもしれない。保証書や契約書はスキャンして、「Dropbox」などのクラウドストレージに保管している人もいる。では、「Notion」は何ができるのか。答えは、これら全部だ。

「Notion」は4年前にローンチしている。「All-in-one workspace」サービスと謳っており、メモもドキュメントもプロジェクトも管理でき、Wikiのように情報を残せる。データベースを利用でき、ガントチャートやカンバン方式でタスクを把握できる。

◆日本語化に対応

 つい先日ベータ版だが日本語化に対応した。英語のUIでも利用できたのだが、やはり日本語表示はありがたいところ。ブラウザで動作するが、デスクトップアプリもモバイルアプリも用意されている。日本でもNotionのコミュニティが活発に活動しており、Notionの活用テクニックなどの情報が豊富に共有されているのもありがたいところ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)