W杯予選4位の日本代表「引き分けすら許されない相手」に臨むメンバーは

W杯予選4位の日本代表「引き分けすら許されない相手」に臨むメンバーは

三苫にはドリブルでの局面打開が期待される(写真中央)

◆崖っぷちに立たされた日本代表

 サッカー日本代表は、現在2勝2敗でグループBの4位と予選突破圏外に位置し、FIFAワールドカップカップ カタール 2022への出場権獲得に向けて崖っぷちに立たされている。その状況で11月11日(日本時間21:00キックオフ)には同組6位のベトナム代表と、16日(日本時間25:00キックオフ)には3位のオマーン代表と対戦する。

 4日には、その2戦を戦う日本代表のメンバーが発表されたが、三苫薫(ユニオン・サンジロワーズ)、上田綺世(鹿島アントラーズ)、前田大然(横浜F・マリノス)ら東京五輪組が新たに多く加わった。その他に今回11月に行われる2戦を戦うメンバー28名は以下のとおりとなっている。

◆11日のベトナム戦、16日のオマーン戦のメンバー

GK
川島永嗣(ストラスブール)
権田修一(清水エスパルス)
谷晃生(湘南ベルマーレ)

DF
長友佑都(FC東京)
吉田麻也(サンプドリア)
酒井宏樹(浦和レッズ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
山根視来(川崎フロンターレ)
室屋成(ハノーファー)
板倉滉(シャルケ)
中山雄太(ズヴォレ)
旗手怜央(川崎フロンターレ)*初招集
冨安健洋(アーセナル)

MF/FW
大迫勇也(ヴィッセル神戸)
原口元気(ウニオン・ベルリン)
柴崎岳(レガネス)
遠藤航(シュツットガルト)
伊東純也(ヘンク)
浅野拓磨(ボーフム)
南野拓実(リバプール)
古橋亨梧(セルティック)
守田英正(サンタ・クララ)
鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)
三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ)*初招集
前田大然(横浜F・マリノス)
上田綺世(鹿島アントラーズ)
田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)
堂安律(PSVアイントホーフェン)*11月6日追加招集

◆ファンの人気投票のようなメンバー

 前述のとおり、初招集となった三苫ら東京五輪に出場した若手選手が多く招集されたことで、ファン・サポーターからは「ようやく入ったか」など、成長著しい若手選手への期待が高まっている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)