ゲーム&ウオッチで復刻『ゼルダの伝説』主人公の名前はゼルダじゃなかった…ゼルダあるある6選

ゲーム&ウオッチで復刻『ゼルダの伝説』主人公の名前はゼルダじゃなかった…ゼルダあるある6選

「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」任天堂/11月12日発売/5480円(税込)

―[絶対夢中★ゲーム&アプリ週報]―

◆ファミっ子なら一度は経験した“ゼルダあるある”

 11月12日に『ゼルダの伝説』35周年を記念した「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」が発売されました。初代『ゼルダの伝説』(1986年)と2作目『リンクの冒険』(1987年)、ゲームボーイの『ゼルダの伝説 夢をみる島』(1993年)を収録。さらに、ゲーム&ウオッチ『バーミン』のキャラがリンクになっている特別バージョンも遊べて、まさにコレクターズアイテムです。

 というわけで今回のコラムは、懐かしの初代『ゼルダの伝説』“あるある”6連発をお送りします。みなさんの“あるある”は何でしたか?

◆(1)主人公をゼルダだと思っていた

『忍者じゃじゃ丸くん』『ロックマン』など、タイトルに入った名前が主人公というケースがほとんどのなか、『ゼルダの伝説』はヒロインがゼルダ、主人公がリンクという変化球。

 ゼルダという名前はアメリカの小説家F・スコット・フィッツジェラルドの妻ゼルダが由来という話も。一方、リンクは「その世界にリンクする(つながる)」という意味から付けられたとのことです。

◆(2)最初の剣を取り忘れる

 ゲーム冒頭、画面左上にある洞窟に入るとおじいさんがいて、「ヒトリデハキケンジャ コレヲ サズケヨウ」と剣をもらえます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)