広島カープ3位のワケはチーム打率トップの裏で残された特殊な数字にあった

広島カープ3位のワケはチーム打率トップの裏で残された特殊な数字にあった

広島カープ3位のワケはチーム打率トップの裏で残された特殊な数字にあったの画像

―[数字で見るプロ野球]―

◆チーム打率トップの広島はなぜ得点3位だったのか

 今年のプロ野球リーグ戦の成績を振り返るなかで、1チーム、特殊な数字を見受けたので今回はそのチームについてシーズンを振り返りたい。

 広島のチーム打率.264は両リーグ通じて1位だった。これだけ見れば強力打線だったはずである。なにより凄いのは、まず規定打席に到達した5人の打率だが、一番低い菊池涼介でも.277であり、とにかく打ちまくっている。

西川 龍馬.286
菊池 涼介.277
鈴木 誠也.317
坂倉 将吾.315
小園 海斗.298

 さらに規定打席に到達しなかったが続く2人の打率も

林 晃汰.266376打席
野間 峻祥.272270打席

 このように、とにかく試合に多く出た野手がしっかり打率を残していることになるのだ。ちなみに2ケタ安打を打った試合もセ・リーグトップの56試合だった。しかし、それでなぜ得点はリーグ3位の557点にとどまっているのか?となるところなのだが、答えは単純だ。

◆控え野手の打率が足を引っ張る

 それは、ここまで登場した7選手全員がチーム打率.264を上回っているかわりに、控えの野手がかなり物足りない数字であったからである。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)