仕事のヤル気ゼロ、「何をやっても無駄」が口癖の“妖精おじさん”。将来はうつや引きこもりの可能性も

仕事のヤル気ゼロ、「何をやっても無駄」が口癖の“妖精おじさん”。将来はうつや引きこもりの可能性も

仕事のヤル気ゼロ、「何をやっても無駄」が口癖の“妖精おじさん”。将来はうつや引きこもりの可能性もの画像

政治家や著名人の失言、おじさん構文の炎上など、非難を浴びることの多いおじさん。下の世代からの揶揄にとどまらず、手を取り合うべき同世代から嫌われてしまうことも。中年男性500人へのアンケートと識者取材から、嫌われるおじさんのタイプを導き出した!

◆責任ある仕事を回避。他者評価を気にしない「妖精おじさん」

 会社にいない、いたと思えば何をしているかはわからない……社内でレアキャラと化している妖精おじさんに通底するキーワードは「どうでもいい」だ。

「妖精おじさんはこれまでの人生で頑張って報われた経験が少なく、自己効力感が低いのが大きな特徴です。『失われた20年』の中を生きてきた影響で、『何をやっても無駄』という考えが強い。出世や昇給、結婚などに対する欲望を失った状態といえます」(人材育成支援企業経営者・前川孝雄氏)

 出世欲がないため「責任ある仕事を回避」するのはもちろん、ワークライフバランスという言葉を言い訳にして「会社にこない」こともしばしば。かといってプライベートが充実しているわけではなく、「ツイッターで懸賞ばかりリツイート」など、省エネな印象を受ける。

「40代の男性は度重なる不況の煽りをくらい、『報われた感』が低い。燃え尽き症候群のようになってしまった人が少なくありません。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)