日本代表のサッカーが守備偏重のワケ。勝たなければならない試合でも「リスクは負わない」

日本代表のサッカーが守備偏重のワケ。勝たなければならない試合でも「リスクは負わない」

大量得点が期待されたベトナム戦だったが、結果は…

◆11月の予選2試合はともに1-0の辛勝

 サッカー日本代表は、2021年最後の試合となるFIFAワールドカップカップ カタール 2022 アジア最終予選を戦った。11日のベトナム代表戦も16日のオマーン代表戦もアウェイでの厳しい戦いを強いられたなか、どちらも1-0で勝利。最高の結果とは言い難いが、結果・内容ともに及第点と言える試合だった。

 また、オマーン代表戦と同日に行われた中国代表vsオーストラリア代表の試合が1-1だったため、日本代表はオーストラリア代表を抜きグループBで2位まで順位を上げることができた。ワールドカップ出場権獲得圏内に入ったとはいえ、年明け1月27日に中国代表戦、2月1日にはグループ首位のサウジアラビア代表と対戦することになっており、気の抜けない戦いは最後の最後まで続くことになりそうだ。

 次戦までの約2か月間、日本代表は何をすべきだろうか。

◆大量得点を求められていたが…

 最後までもつれることを考慮すると大量得点が求められたベトナム代表戦だが、移動に遅延が発生し全員が揃って練習できたのが試合前日のみという思わぬトラブルが発生した。そういった状況で新しいことを試すには時間がなかったため、森保一監督は前節オーストラリア戦とほぼ同様の戦術を選択。期待された大量得点は達成できず、伊東純也の得点のみで1-0の勝利を収めた。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)