トレンディドラマ世代が、ネトフリのドラマから元気をもらえないワケ

トレンディドラマ世代が、ネトフリのドラマから元気をもらえないワケ

トレンディドラマ世代が、ネトフリのドラマから元気をもらえないワケの画像

―[ロスジェネ解体新書]―

◆今のドラマは憧れを体現していない

「最近、後輩たちとの会話でちょっとした違和感を感じたのは『ドラマの楽しみ方』。Netflixなどで観られる、アメリカや韓国発のドラマの“映画のようなクオリティ”が当たり前になっているからでしょうか?

 テレビドラマでも同様に、役者の演技力や秀逸な脚本だったりとかだけで観る/観ないの判断をしている感じがするんですよね。僕らにとってのテレビドラマって、もっとなんていうか…キラキラしてたものですけどね。憧れの東京のイケてる生活というか!なんかちょっと、寂しいなあなんて…」(販売・45歳)

◆映画級のネトフリドラマ

 今やネット動画コンテンツを代表する有料視聴サービスとなったNetflixの全世界での有料会員数は、2021年7月現在で2億920万人になりました。「4-6月期(第2四半期)に新規会員が150万人増えた」(出典:「ネットフリックス、4-6月期会員数は150万人増 自社予想上回る」THE WALL STREET JOURNAL)そうで、そのうち「7割近くをアジア太平洋地域が占めた」というから、多少伸び率は鈍化しているとはいえ、まさに日本でも“天下を取った”状態と言っても過言ではないでしょう。

 国内外のオリジナルコンテンツの凄まじいクオリティ…もっと明確に言うと「映画級のお金の掛け方」は、視聴者にもしっかり伝わっているのはこのとてつもない会員数に現れているのでしょう。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)