松坂・鳥谷・斎藤佑樹の引退を横目に“まだまだ衰えない”現役アラフォー選手たち

松坂・鳥谷・斎藤佑樹の引退を横目に“まだまだ衰えない”現役アラフォー選手たち

松坂・鳥谷・斎藤佑樹の引退を横目に“まだまだ衰えない”現役アラフォー選手たちの画像

◆平成の怪物・松坂もハンカチ王子・斎藤も涙の引退

 数多くの大物選手が引退表明し、一時代の終わりを感じさせた2021年のプロ野球。

 その代表と言えるのが、埼玉西武ライオンズの松坂大輔だろう。’98年の甲子園で春夏連覇を果たし、ドラフト1位で西武に入団。“平成の怪物”と呼ばれて日米通算170勝を挙げたレジェンド右腕として世代を引っ張り続けた。

 また、’06年夏の甲子園決勝で田中将大を擁する駒大苫小牧を破って優勝し、“ハンカチ王子”や“佑ちゃん”の愛称で多くのファンから愛された北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹も引退。

 さらには、阪神タイガース時代に歴代2位となる1939試合連続出場を果たした名ショート・鳥谷敬(千葉ロッテマリーンズ)や通算7本のサヨナラホームランを放つなど驚異的な勝負強さを誇った亀井善行(読売ジャイアンツ)の引退も印象的だった。

 このように時代を彩った選手たちの引退が相次ぎ寂しい限りではあるが、現役として来季もプレーする40歳前後のベテラン選手たちがいる――。今回はそんな“アラフォープレイヤー”の中でも活躍が期待される6名の選手を野球ライター・キビタキビオ氏のコメントとともに紹介していく。

◆古巣・中日ドラゴンズで存在感を発揮する福留孝介

 まずは現役最年長となる44歳ながら十分な存在感を発揮している中日ドラゴンズの福留孝介だ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)