コロナ第6波はすでに始まっていた!統計から導かれる事実

コロナ第6波はすでに始まっていた!統計から導かれる事実

写真はイメージです

―[コロラド博士の「私はこの分野は専門外なのですが」]―

◆すでに感染者数増加は全国で一斉に始まっている!?

 10月上旬に、第5波エピデミックSurge(波、うねり)が収束に向かっていると言う記事を書きました。その後、9月シルバーウィークの影響で全国的に短期的な増加や下げ止まりを見せましたが、10月中は新規感染者数の減衰が継続しました。

 国内では、岩手県、香川県、大分県を始めとして東北と四国、九州などで多くの県が統計上の終息と考えられる状態まで減衰しました。但し、抽出検査の限界から、統計上の終息が、市中感染者がゼロになったことは意味しません。県内全在留者のPCR検査を一ヶ月に4回行い市中感染者をゼロにするか、何もせずに3〜6か月の間新規感染者が発生しないかのどちらかで県内終息となります。

 ところが、10月末から11月前半にかけて、全国の複数の都道府県で一斉に新規感染者数が増加に転じています。

 筆者は、今年9月からNHK集計のCOVID-19日毎新規感染者、死亡者統計を使い、統計分析を手もとで行うようになっていますが、現在、15〜20の都道府県で第6波の発生が疑われる状況となっています。

 首都圏では既に全都道府県で新規感染者数が増加に転じていますが、神奈川県の場合、7日変化率、14日変化率共に正の値となっており、短期・中期増加傾向を示しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)