疲れを吹き飛ばす「究極の味噌汁」とは? きゅうりとヨーグルトで…

疲れを吹き飛ばす「究極の味噌汁」とは? きゅうりとヨーグルトで…

味噌汁はどんな具材とも相性が抜群(※写真はイメージ)

コロナ禍も2年がたとうとするなか、仕事も遊びもやる気が起きない。……というか、なんか毎日ダルいし、カラダが重い。そんな倦怠感を払拭するには、どうすればいいのか? 中年の日々を覆う“疲れ”を吹き飛ばす極意を探った! 今回は食生活の改善について。

◆疲れを吹き飛ばす 究極の味噌汁

 食生活の改善といっても、我慢を強いられる食事管理は、ずぼらな中年にはハードルが高い。そこで出番なのが、「味噌汁一杯三里の力」と言われるほど、昔から疲れないカラダをつくるスーパーフードとして重宝されてきた味噌汁だ。高橋尚子さんなどトップアスリートの栄養サポートに携わってきた管理栄養士の新生暁子氏は、味噌汁の底力をこう解説する。

「ベースとなる味噌は、医者殺しと呼ばれるくらい栄養価が高く、主成分の大豆は、疲労回復をもたらすタンパク質やミネラルが豊富。ほかにも、ストレスを軽減するセロトニンの原料となるトリプトファン、免疫機能を強化するアルギニンなどもたっぷり含まれています」

 不調が脳と密接に繋がり“第二の脳”と呼ばれる腸。味噌は、その腸を健康に保つために欠かせない乳酸菌の宝庫でもある。

「腸内環境を整えることで、免疫力が高まって感染症に負けない強いカラダがつくられ、脳疲労の改善にも繋がる。成分に神経質になるより、毎日飲みたいと思うことが大切なので、各種味噌やだしは好みでOKです」

◆味噌汁はどんな具材とも相性が抜群

 新生氏が推薦する「きゅうりとヨーグルトの冷製みそ汁」は、疲労回復に効く逸品。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)