44歳で脱サラして落語家に転身…「20代の先輩の世話」も苦にならなかった下積み時代

44歳で脱サラして落語家に転身…「20代の先輩の世話」も苦にならなかった下積み時代

大学卒業後、ベネッセコーポレーションはじめ数社で編集者として働き、44歳で立川談四楼に入門。’15年に二つ目に昇進

「人生100年、定年70歳!」などといわれているが、70歳まで今の会社にいられるとは限らない。40代で一念発起し、“自分が輝ける場所”を探し、リスク覚悟で会社を捨てた人たちはどうなるのか? 先人たちの生き様から人生の後半戦をどう生き抜くべきかを改めて考える。

◆「ゴミに値段をつけて売っている」と叩かれ…

 家電マイスターの松崎順一氏は、今から19年前、42歳のとき、出世するタイミングで脱サラした。

「デザイン会社で課長に昇進することになりまして。でも、私は最前線でデザイナーとして力を試し続けたかった。出世は私にとって、自分の能力を会社に見限られたのと同じだったんです」

 そんな熱い思いで会社を飛び出したものの、最初は明確なビジョンはなかった。漠然と中古家電に惹かれ、古物商に丁稚奉公し、43歳のときにラジカセを中心にしたレトロ家電の販売を行う「デザインアンダーグランド」を足立区に開業。だが、鳴かず飛ばずで、開業から2、3年は赤字続きだったという。

「当時、ラジカセは粗大ゴミ扱い。『ゴミに値段をつけて売っているやつがいる』と、ネットで叩かれましたし、友人からも狂人扱い。退職金は2年で底をつき、銀行から借金生活です。妻の収入に頼りきりで、機嫌も悪いし、生きた心地がしませんでしたね」

◆体力と気力を考えれば40代がラストチャンス

 転機は脱サラから4年がたった頃。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)